[iPhone]アプリのアイコン画像の種類 / 画面の方向を指定するコード

iPhoneアプリ開発でアプリに設定する画像の名前、サイズのメモ

サイズ (ピクセル)ファイル名
(デフォルト)
用途
57x57Icon.pngiPhoneホーム画面
114x114Icon@2x.pngiPhoneホーム画面@Retina
29x29Icon-Small.pngiPhone設定画面
58x58Icon-Small-@2x.pngiPhone設定画面@Ritena
72x72Icon-72.pngiPod設定画面
50x50Icon-Small-50.pngiPod設定画面
512x512iTunesArtworkAppStoreで表示される
拡張子なしのPNG
  • 画像ファイル名は推奨であり、設定を変えれば別の名前も使用できる。
  • @2x や small は無くても Icon.png を拡大縮小して表示してくれるので無くてもok
  • アイコンの画像デザインを統一しないとリジェクトされるらしい
  • 最初にiTunesArtworkを作成してそれを縮小すればいい。
  • 使ったこと無いけどこんなツールもあるっぽい http://blog.boreal-kiss.com/2010/07/14000005.html/
  • アイコンの光沢効果を消す:***-info.plist に Icon already include gloss effects = YES を追加する

画面の方向を指定する

画面の方向は UIViewControllerサブクラスのshouldAutorotateToInterfaceOrientationメソッドで設定する。 画面を回転させるとこのメソッドがコールされて、YESを返した場合に画面の方向が変更される。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
- (BOOL)shouldAutorotateToInterfaceOrientation:(UIInterfaceOrientation)interfaceOrientation {

// 回転しない
return NO;

// 全方向に回転する
return YES;

// interfaceOrientation 引数は方向の列挙子が入れられている。
// 上下
return UIInterfaceOrientationIsPortrait(interfaceOrientation);
// 左右
return UIInterfaceOrientationIsLandscape(interfaceOrientation);

// 上方向のみ
return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationPortrait);
// 逆さ
return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown);
// 左横
return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationLandscapeLeft);
// 右横
return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationLandscapeRight);
}
関連があるかもしれない記事