PleiadesでPHPの開発環境を! / ダウンロード⇒解凍⇒XAMPPセットアップ・セキュリティー設定

カタログ
  1. 1. Pleiades All in One (JRE あり) - PHP をダウンロードしてインストール(解凍)する
  2. 2. XAMPP のセットアップ
  3. 3. XAMPP で PHPを動かせるように Apatch を起動させる
  4. 4. XAMPPのセキュリティ設定

Pleiades All in One を使ってサクっとカンタンに開発環境を作ろう! ということで…Pleiades のダウンロード・解凍(インストール) ⇒ XAMPPのセットアップ・セキュリティ設定の手順について説明します。

Pleiades All in One (JRE あり) - PHP をダウンロードしてインストール(解凍)する

Pleiadesのサイトへ行きます。

pleiadesトップページ

日本語 Eclipse / Pleiades All in One 日本語ディストリビューション (zip ファイル)の項目の一番左にあるボタンをクリックしてダウンロードページのページにアクセス。

ダウンロードページ

PHPの開発環境を作りたいので Pleiades All in One (JRE あり) - PHP をダウンロードします(画像の赤丸部分をクリック)。2010年11月21日時点では pleiades-e3.6-php-jre_20101025.zip というファイル名でした。

pleiadesを解凍する

インストールしたいフォルダにダウンロードしたzipファイルを解凍します。 上の画像では C:\ に解凍してます。

XAMPP のセットアップ

xamppのセットアップ

解凍したファイルの /xampp/setup_xampp.bat は XAMPPをセットアップするためのバッチファイルです。 これをダブルクリックして起動。

コマンドプロンプトが起動してセットアップが始まります。 指示されるままに進めていけば問題ないです。”y” で ENTER

“y” で ENTER

“n” で ENTER

そのままENTER

そのままENTER

ここは自分で選択します。

“1” で ENTER だと XAMPPコントロールパネルが起動します。

“x” で EXIT だと このセットアップは終了でコマンドプロンプトは閉じらます。

とりあえず “1” ENTER してXAMPPコントロールパネルを起動させてから “x” ENTER で終了させればいいかと思います。

XAMPP で PHPを動かせるように Apatch を起動させる

XAMPPのセットアップは終わったけどまだPHPは動きません。 そういうことで動かせるように設定をしていきます。 ボタンをポチポチ押すだけなのでカンタンです。

xampp コントロールパネル

まえの段階の “1” ENTER により(もしくは /xampp/xmapp-control.exe を起動させる) XAMPPコントロールパネルが開いたかと思います。PHPを動かすためにApacheを起動させます。ついでにMySqlも起動させておきましょう。

Apache,MySQLのインストール

  1. コントロールパネル左上のApacheの左にあるチェックボックスにチェックを入れ
  2. 「インストールしてもいい?」とダイアログが出るので「OK」します。

MySQLについても同様にチェックします。

Apache,MySQLを起動!

ApacheとMySQLの左のボックスにチェックを入れたら、 『Start』ボタンを押す。

起動完了したらApache右のAdminを押す

ApacheとMySQLが起動すると “Running” と表示が出ます。 で、Apacheの右のAdminを押します。

Adminを押すと開くページ

http://localhost/xampp/splash.php“ がブラウザ開かれるので、 そのページの”日本語”と書いてあるリンクをクリック

「おめでとうございます: システム上にXAMPPが正しくインストールされました!」 というページが出てくれば正常にPHPが動いてます。

/xampp/htdocs/ フォルダに適当に PHPファイルを作って http://localhost/****.php にアクセスするときちんと /xampp/htdocs/**.php が動くはずです。

次はセキュリティの設定をしましょう。

XAMPPのセキュリティ設定

XAMPPのセキュリティへのリンクの図

赤丸のリンクをクリックしてセキュリティ画面へ

XAMPPのセキュリティーの画面

右側に『要注意』と赤で表示されてます。 セキュリティ的にマズイので直します。 ということで左下のリンクへ

パスワード設定画面

パスワードを設定する画面が出てくるので とりあえずMySQLのパスワードを設定します。 MYSQL 項目: “ROOT” パスワード のところで

  1. パスワードを入れて (パスワードは3~15文字の半角英数字。どこかにメモるなりして忘れないように。)
  2. チェックボックスにチェックを入れて
  3. 『パスワードを変更しました』というちょっと日本語がおかしいボタンを押す。 ここを押さないとパスワードは変更されません

MySQL再起動

パスワード設定ができるとMySQLを再起動するように言われます。 再起動は、XAMPPコントロールパネルでMySQLの左にある 『Stop』を押して停止させ⇒『Start』で起動しなおすだけ。 ※Apacheの再起動も同様の操作でOK

MySQL再起動後…

MySLQ再起動後にセキュリティの画面に戻ると 『要注意』項目が『安全』に変わっています。 まだひとつだけ『要注意』の項目があるので 次はこれの設定をします。

XAMPPのディレクトリ制御設定画面

XAMPPのディレクトリ制御 (.htaccess)の設定を行います。 MySQLパスワードを設定したページと同じ場所です。

  1. ユーザとパスワードを入力。 (パスワードは3~15文字の半角英数字。どこかにメモるなりしてキチンと覚えないと次で困ることに)
  2. チェックボックスにチェックを入れる
  3. 『安全なXAMPPディレクトリを作成してください』ボタンを押す

成功すると

成功: XAMPPのディレクトリ制御が設定されました!全ユーザのデータは、以下のファイルに格納されました:
C:\xampp\security\xampp.users
C:\xampp\htdocs\xampp.htaccess
C:\xampp\security\xamppdirpasswd.txt
という文字が出てくると思います。

XAMPPのページをリロードすると、XAMPPのディレクトリ制御が設定で行ったユーザー名とパスワードを求められるので、先ほど設定したユーザ、パスワードを入力します。で、セキュリティのページに戻ってみると『要注意』の項目は消えているはずです。

関連があるかもしれない記事