Snow Leopardの設定やショートカットなどのメモ・まとめ

二年前のメモが出てきたので一応貼っておく。まだあの頃は mac にほとんど触ったことがなかったな…

Expose

[AppleMenu]→[ExposeSpaces]→[Expose タブ]で設定を変更できる

  • fn + F9 または 指4本上へ:すべてのウィンドウ一覧
  • fn + F10:現在のアプリケーション配下のウィンドウ一覧
  • fn + F11 または 指4本下へ:デスクトップを表示
  • fn + F12:Dashboard(ウィジェット)

電源

別ドライブから起動

option を押しながら電源を入れる

再起動・スリープ・システム終了

  • [AppleMenu]のプルダウンメニューから選択
  • 電源ボタンを押すとダイアログが表示される

スリープの設定

[システム環境設定]→[省エネルギー]

電源アダプタ と バッテリー で別々に設定できる

トラックパッドの設定やジェスチャ

[Apple Menu]→[システム環境設定]→[トラックパッド]

で設定を変更できる。どのようなトラックパッドジェスチャーがあるかを見れるのでここを見てすべて覚えておくと便利。

日本語文字変換の操作

  • Control + J または fn + F6:ひらがな変換
  • Control + K または fn + F7:カタカナ変換
  • Control + L または fn + F8:全角英字変換
  • Control + ; または fn + F9:半角カタカナに変換
  • Control + : または fn + F10:英字に変換

Windows では仮名の小文字の入力に LX が使えるけど Mac だと X しか使えないっぽい…いままで L 使ってきたから不便だ… また MacBook だとファンクションキーは fn を押しながら押すけど、 設定で押さずに使えるように変更することもできる。

Finder

Windows でいうところの explorer

拡張子の表示設定

[Finder 環境設定]→[詳細タブ] の「すべてのファイル名拡張子を表示」

パスバーの表示/非表示

[表示]のプルダウンメニューで選択。表示した方が便利だと思う。

隠しファイルを表示する

  • 「mac 隠しファイル (OS名)」でググる
  • Command + Control + . (dot) @ Mac OS X 10.6 Snow Leopard

エイリアスの作成

コンテキストメニューにエイリアスの作成という項目があるけど これはWindowsで言うところのショートカット

ファイルの関連付け

[ファイルを右クリック]→[情報を見る]→[このアプリケーションで開く]→[類似したすべての書類を開くときにアプリケーションを使用します] の部分で変更できる

移動のショートカット

  • Command + [:戻る
  • Command + ]:進む
  • Shift + Command + ↑:上位のフォルダ
  • Shift + Command + C:コンピュータフォルダ
  • Shift + Command + D:デスクトップフォルダ
  • Shift + Command + H:ホームフォルだ
  • Shift + Command + K:ネットワークフォルダ
  • Shift + Command + A:アプリケーションフォルダ
  • Shift + Command + O:書類
  • Shift + Command + U:ユーティリティ
  • Command + fn + F1: ウィンドウを巡回
  • Command を押しながらフォルダを開く:別ウィンドウで開く

指3本を左右に動かすトラックパッドジェスチャで 戻る 進む の操作もできる。

フォルダの表示方法を変更するショートカット

  • Command + 1:アイコン
  • Command + 2:リスト
  • Command + 3:カラム
  • Command + 4:Cover Flow

並び順を変更するショートカット

  • Control + Command + 1:名前
  • Control + Command + 2:変更日
  • Control + Command + 3:作成日
  • Control + Command + 4:サイズ
  • Control + Command + 5:種類
  • Control + Command + 6:ラベル

フォルダの設定で表示していないものはソートに使えない

その他

  • [表示]→[ツールバーをカスタマイズ…] でツールバーのカスタマイズができる。
  • [Finder Menu]→[環境設定…]→[サイドバー タブ] でサイドバーのカスタマイズができる。
  • アプリケーションの削除はそのファイルをゴミ箱に入れるだけ。Windows とは違うのだよ。

キャプチャ

  • Command + Control +*
    画面全体をキャプチャして、自動的にpng形式で保存する。保存する場所はデフォルトではデスクトップ。
  • Control + Command + Control + 3
    キャプチャしたものをクリップボードにコピーする
  • Command + Control + 4
    選択範囲をキャプチャして、自動的にpng形式で保存する。
    Command + Control + 4 後に Space を押すとウィンドウをキャプチャできる。
  • Control + Command + Control + 4
    キャプチャしたものをクリップボードにコピーする
  • グラブ.app
    Macに標準でついているアプリケーションで、/アプリケーション/ユーティリティー/ フォルダにある。 タイマーが使えたりと便利そうに見えるものの保存形式が .tiff だけ… 別の保存形式にする場合は プレビュー.app など別のアプリケーションを使わないとできない。 タイマーを使わないなら利用価値は低いかも。

セキュリティー

[Apple Menu]→[システム環境設定]→[セキュリティー] にて設定

FileVault

Mac OS の標準の暗号化機能

ClamXav

ググってインスコ

Dock

アプリケーションの登録はドロップアンドドロップ

Option + Command + D で隠す設定のON/OFF

アプリケーションの強制終了

[Apple Menu]→[強制終了…]

※ここでshiftを押すと現在フォーカスしているアプリケーションの強制終了になる。 で「アプリケーションの強制終了」ウィンドウが開く。

Command + option + esc のショートカットでも開ける。

このウィンドウでハングしたプログラムの強制終了ができる。

ログイン項目

Windows でいうところのスタートアップ
[システム環境設定…]→[アカウント]→[ログイン項目タブ]
ここにアイコンをドラッグアンドドロップして登録する

その他・メモ

  • Control + fn + F7:フルキーボードショートカットのON/OFF
  • デスクトップにマウントされたCD、DVD、カメラ、フラッシュメモリを取り出すのに、 ドライブのアイコンをゴミ箱に入れるという方法もつかえる。 あとはアイコンを選択してイジェクトキーを長押しとか。
  • Time Machine : Windowsで言うところのシステムの復元
  • ディスクユーティリティーやTime Machineでバックアップできる
  • アクティビティモニタ:Windowsのタスクマネージャっぽいもの
  • ライブパーティション切り直し:やるまえにバックアップ必須
  • キーバインドの変更;KeyRemap4MacBook AppleKS
  • アーカイブインストール
Share